インプラント

インプラントを長持ちさせるために正確な診断・治療を

むし歯や歯周病、事故などにより歯を失ってしまった場合、人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め、上部構造(人工歯)を設置して機能を回復させる方法をインプラント治療と呼びます。
天然歯と変わらない美しさを持ちながら、入れ歯よりも強く噛むことができます。取り外す必要がなく、ブラッシングも通常通り行えます。

安全、長持ちするインプラントのために

インプラント埋入の前に、必ずCTによって顎の骨の状態を確認します。
骨量が不足している場合、そのままでは手術できません。
たとえ骨量が十分でも、インプラントの埋入位置、角度をより正確なものとするためには、術前のCT撮影は欠かせない工程です。
数あるインプラントの中から、生体親和性の高い、身体に優しいものを厳選しました。

無料相談

「興味があるけれど手術が怖い」という方がよくいらっしゃいます。費用も高額です。
当院では、インプラント治療の相談は無料で対応しております。メリットとデメリット、費用についてしっかりとお話しさせていただきます。

フラップレスインプラント

通常2回の外科手術が必要なインプラント治療を、当院ではフラップレス(無切開)手術により1回で行うことができます(骨量・質が良好でなければなりません)。
メスによる切開の代わりに、小さな穴を開けてインプラントを埋入します。
出血や痛みが抑制され、治癒期間の短縮も期待できます。

骨量、厚みが足りない場合

骨量が不足している場合でも、以下の処置を行うことでインプラント治療が可能になることがあります。

GBR

骨が失われた箇所に特殊な人工膜を張り、その内側に骨の再生を促す処置を施します。

サイナスリフト

上顎の上部に、上顎洞と呼ばれる空洞があります。骨の側面側から上顎洞の底を持ち上げ、そこで骨造成を促し、厚みを確保します。
特に骨の厚みが不足している場合に適します。

ソケットリフト

歯を失った箇所から上顎洞を持ち上げ、そこで骨造成を促し、厚みを確保します。
ある程度の骨の厚みがある場合に適します。

GTR症例

麻酔をかけて行います。

歯ぐきを開いた状態です。

人工骨を補填します。

切開した歯肉部分を縫合します。

入れ歯、ブリッジとの比較

入れ歯治療のイメージ

メリット
・治療期間が短い

デメリット
・安定性に欠ける
・周囲の歯に負担をかける
・装着時の違和感がある
※違和感の少ない金属床義歯、周囲の歯への負担が少ないノンクラスプデンチャーもあります。(保険適用外)

ブリッジ治療のイメージ

メリット
・治療期間が短い

デメリット
・健康な歯を削る必要がある
・周囲の歯に負担をかける

インプラントのイメージ

メリット
・周囲の歯に負担をかけない
・歯を削る必要がない
・取り外す必要がない
・天然歯と同じように噛める
・天然歯と見分けがつかないほどきれい

デメリット
・治療期間が長い
・費用がかかる
・麻酔を伴う手術が必要

治療の流れ

初診・ご相談

インプラント治療のご相談は無料です。

矢印

検査

レントゲンやCTで、口腔環境や顎の骨の状態を検査します。

矢印

診断と治療計画の決定

インプラントを安全に埋入することが可能かどうか診断し、(※骨量不足の場合には前処置を行います)治療計画を決定します。
治療内容、治療期間、料金を含めて詳細に説明させていただきます。
ご同意いただければ、インプラントの埋入へと進みます。

矢印

一次手術

局所麻酔をして、インプラントを埋入します。
インプラントと骨が結合し、安定するまでの数カ月間を治癒期間として確保します。

矢印

二次手術

歯肉を切開し、上部構造(人工歯)とインプラントを連結する「アバットメント」を装着します。
術後、歯肉の状態が落ち着いた状態で型取りを行い、上部構造をつくります。

矢印

上部構造の設置

上部構造を設置します。

矢印

定期検診

インプラントは天然歯と同じように噛み、磨くことができますが、医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。

料金

※すべて税抜料金

インプラント埋入手術(二回法) ¥250,000
アバットメント ¥50,000
CT撮影 ¥25,000
上部構造 オールセラミック上部構造 オールセラミック ¥120,000
上部構造 メタルボンド上部構造 メタルボンド ¥100,000
上部構造 ハイブリッドセラミック上部構造 ハイブリッドセラミック ¥80,000
GBR ¥50,000
ソケットリフト ¥100,000
サイナスリフト ¥150,000

インプラント症例

術前

右下奥歯3本のインプラントを行いました。

術後